熊崎Dのふじさんのみえるハルけんきゅうしょから 第6回目 抜粋紹介

ニンテンドードリームより、ハル研究所で星のカービィシリーズのゼネラルディレクターである熊崎信也のコラムコーナーが連載中!

当ブログでは、全文掲載はしないが抜粋して紹介するのでよろしくお願いします!

前回のコラムはこちら!

 

熊崎Dのふじさんのみえるハルけんきゅうしょから 第5回目 抜粋紹介

第6回 思いを受け継ぎ、作り続けるということ

ニンドリ25周年

9月21日はニンドリの25周年

熊崎Dとは、インタビュー・記念書籍・オーケストラコンサートのパンフレット・設定資料集などで仕事を一緒にしていたようだ。

 

私はコンテンツに対する誰かの「好き」という気持ちが好き

  • 長く愛されて続けているものには多様なその、好きが集まっているものが多い
  • ニンドリは読者の手によって育てられた特殊なゲーム雑誌

ニンドリは読者投稿の割合が今でも非常に多く、キャラクター・コンテンツに対し好きという気持ちによってニンドリが長く続いていると熊崎Dは考えている。

次回で一旦幕を閉じる

これは言葉通り、次回で一旦ニンドリのコラムが幕を閉じるということ。

期間をパリッと決めて書くというのを決めていたようで、10月までを目処にしていたようだ。

10月といえば星のカービィWii10周年なので、もしかするとそれ関連の話になるかも…?

 

 

今月のラフスケッチコーナー

今回のラフスケッチはニンテンドードリームのキャラクター!

今月のニンドリは、宮本茂・桜井政博・糸井重里・青山公士などなど、ニンドリ25周年お祝いインタビュー記事や、歴代任天堂製品を紹介する別冊もついてくるので、是非購入して自分の目で確認しよう!

以上、熊崎Dのコラム紹介でした!

コメントを残す