【ドラクエ10】プレイヤーによってプレイスタイルが異なる職業の紹介

ドラクエ10には職業システムがあり、ドラクエ9のようなシステムがある。

職業によっては決まった動きやステータスにする方が使いやすいのもあるが、プレイヤーのさじ加減で動きが異なる職業も中には存在する。

今回はそういう職業を紹介しよう。

ドラクエ10における勇者 旅芸人

【ドラクエ10】プレイヤーによってプレイスタイルが異なる職業の紹介

旅芸人は何でも出来るが器用貧乏というイメージを持っている人が多いと思われるが、
アクセサリーや防具を整えれば、アタッカーやヒーラーになることが出来る。

特にブーメランは特技の回復量が大幅に増え、ハッスルダンスで範囲400以上回復することが出来る。
また、ブーメラン自体の火力が高いので回復と火力と補助で頼もしい職業と言えよう。

他の武器(扇・短剣・棍)も回復能力が落ちるが、それぞれ火力が高かったり回避能力が高かったりするので、場合によって持ち替えると良いだろう。

全武器を使いこなすことは難しいが、使いこなせる人は勇者と言わざるえない。

タロットで能力が変わる 占い師

【ドラクエ10】プレイヤーによってプレイスタイルが異なる職業の紹介
【ドラクエ10】プレイヤーによってプレイスタイルが異なる職業の紹介
【ドラクエ10】プレイヤーによってプレイスタイルが異なる職業の紹介

占い師はタロットを使って攻撃する以外に、装備したタロットによって能力がアップする。

ステータスアップ他、テンションアップやタロットの範囲効果を上げるものもあるため、かなり自由に育成が可能だ。

なので、戦士のように耐久が高い占い師や魔法使いのようにMPや攻撃魔力が高い占い師…といった遊びも可能。

ある意味一番ドラクエ10らしい自由に遊べる職業だと言える。

育てると潜在能力が開花 遊び人

【ドラクエ10】プレイヤーによってプレイスタイルが異なる職業の紹介

最後に遊び人を紹介しよう。

遊び人の最大の特徴は遊びながら戦闘をすることだが、スキル150以降だとステータスを大幅に伸ばすことが可能。

力50などもあるので遊び人は人によってステータスが大きく異なる職業である。

また遊ぶことでテンションアップもするおかげで火力が高めなので、遊び人に抵抗ある人はぜひ触ってみると良いだろう。

おすすめ記事

【ドラクエ10】プレイヤーによってプレイスタイルが異なる職業の紹介【ドラクエ10】プレイヤーによってプレイスタイルが異なる職業の紹介【ドラクエ10】プレイヤーによってプレイスタイルが異なる職業の紹介

コメントを残す