2022年3月期第1四半期 決算で気になった点

任天堂の2022年3月期第1四半期決算で気になった点を紹介!

公式サイトhttps://www.nintendo.co.jp/corporate/release/index.html?year=2021

任天堂株が下落した原因

2022年3月期第1四半期 決算で気になった点
2022年3月期第1四半期 決算で気になった点

引用元https://www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2021/210805_3.pdf

簡単に説明すると、前年度はあつまれどうぶつの森の発売でハードウェア売上が伸びていたが、今年度はそのブーストが切れ売上高が減少。

結果、配当金の引き下げも発表したので一気に売りが先行したということである。

ただ個人的に、あつ森のおかげでハードが売れてもその後に繋がっていないのが致命的なので、次の展開を早急に発表しなければ、この客層は離れてしまうだろう。

来年にスプラトゥーン3が発売予定だが、あつ森層が何に興味があるのかを調査する必要がありそうだ。

ソフト自体は好調

2022年3月期第1四半期 決算で気になった点
2022年3月期第1四半期 決算で気になった点

ポケモンスナップやミートピアは前作より大幅に伸びているのが印象的。

やはり、Nintendo Switch自体にゲームをしたことがない人の壁を取り除ける魅了があるため、ソフトウェア売上は好調となるのだろう。

また、スプラトゥーン3のように同ハードにシリーズを展開していくという流れ次第では、発売サイクルを早めることも可能だろう。

12月にまだ未発表のタイトルがある?

2022年3月期第1四半期 決算で気になった点

ソフトは秋以降も豊富だが、12月に発売されるタイトルが海外のファミコンウォーズ以外無い状況だ。

これはおそらく9月くらいに発表して、12月にタイトルを埋めてきそうだ。

これは個人的な考えだが、任天堂は株価下落した後に新展開を用意していることが多いので、期待していても良いと思われる。

今年は星のカービィWiiが10周年だが、来年は星のカービィ30周年・マリオカート25周年なので、失望するにはまだ早いと個人的には思う。

以上、決算報告で気になった点でした。

コメントを残す