【ドラクエ10】バージョン5.5後期の天地雷鳴士レポート

2021年7月8日よりバージョン5.5後期が始まった。

その初日に強化された天地雷鳴士を触ってみたレポートを書いてみたので紹介しよう。

両手杖も一応強化が来たものの…

【ドラクエ10】バージョン5.5後期の天地雷鳴士レポート
【ドラクエ10】バージョン5.5後期の天地雷鳴士レポート

両手杖にも追加スキルに特技の属性威力アップが追加されたものの、3%の上げ幅なのでダメージ量もそこまで変わらず、あまり強化の実感が得られない。

これからの天地雷鳴士はスティックがおすすめ

【ドラクエ10】バージョン5.5後期の天地雷鳴士レポート

スティックでも攻撃魔力が上がるようになり、ザオリクやMP消費しないスキルも追加されたので、
盾スキルも使えるスティックはかなりおすすめだ。

【ドラクエ10】バージョン5.5後期の天地雷鳴士レポート
【ドラクエ10】バージョン5.5後期の天地雷鳴士レポート
【ドラクエ10】バージョン5.5後期の天地雷鳴士レポート

スティックなのに攻撃魔力が非常に高いので、攻撃面でも安定した火力を出せる。

ザオリク習得も非常に大きく、宝珠を装備すれば蘇生役としても活躍が出来る事だろう。

げんまの使い分けも大事に

【ドラクエ10】バージョン5.5後期の天地雷鳴士レポート

カカロンとクシャラミはそれぞれヒーラーとして強化がされたので、状況によってどちらを呼ぶべきかの選択が必要に。

それと同時にバルバルーとドメディもアタッカーとして強化されているので、火力役が少ない場合、どちらかを呼ぶと良いだろう。

【ドラクエ10】バージョン5.5後期の天地雷鳴士レポート
【ドラクエ10】バージョン5.5後期の天地雷鳴士レポート

バルバルーは単体火力が強化され、ドメディは範囲火力が強化されている。

行動速度も強化されているので、前よりもダメージを稼ぎやすくなっているので、火力が足りない場合は彼らを頼ると良いだろう。

これからの天地雷鳴士は戦況によってげんまを使いわけよう

スティック天地雷鳴士にザオリクが来たことで、カカロンを絶対に呼ばないといけない状況ではなくなっている。

また、クシャラミは回復しつつ範囲バイキルトなどカカロンには無い性能になっているので、状況次第で呼ぶげんまを変えた方が強さが発揮するだろう。

回復役が多くパーティにいた場合は、バルバルーかドメディを呼んで火力貢献をした方が良い場合もあるので、どの職業がパーティにいるのか見て呼ぶ幻魔を選ぶと良いだろう。

その他の話題

上記の記事も時間が良ければどうぞ!

(C)2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO

【ドラクエ10】バージョン5.5後期の天地雷鳴士レポート【ドラクエ10】バージョン5.5後期の天地雷鳴士レポート

コメントを残す