パックマンでバトルロイヤル! PAC-MAN 99が本日より配信

パックマン99体のバトルロイヤルが開幕。

Nintendo Switch Online加入者限定特典として配信加入者限定特典として配信

パックマンでバトルロイヤル! PAC-MAN 99が本日より配信
パックマンでバトルロイヤル! PAC-MAN 99が本日より配信

パックマンを操作して、モンスターを倒すことで他の人に攻撃することができるゲーム性。

スーパーマリオ35と近いスタイルとなっているので、パックマンが得意な人にはハマりそうな内容だ。

有料ダウンロードコンテンツはオフラインでも遊べる

パックマンでバトルロイヤル! PAC-MAN 99が本日より配信
パックマンでバトルロイヤル! PAC-MAN 99が本日より配信

オンライン以外で遊びたい人は、有料でオフラインでも遊べるモードが配信直後からダウンロード出来る。

この値段で、パックマンが自由に遊べると考えればかなり安い。

また、ナムコの昔懐かしいゲームをイメージしたカスタムテーマも配信されるので、サイトで何があるのか確認しておくのも良いだろう。

公式サイトhttps://pacapl.pacman.com/#dlcCol

パックマンでバトルロイヤル! PAC-MAN 99が本日より配信

PAC-MAN 99をきっかけにナムコブランドのIP活用が活発?

バンダイナムコゲームスは、バンダイナムコゲームスの所有するゲームタイトルIPを国内のクリエイターへ開放するオープン化プロジェクトを4月下旬より開始する。

これは2015年に、バンダイとナムコが統合して10周年を迎えることを記念して実施されるもの。対象となるのは「パックマン」、「ギャラクシアン」、「ゼビウス」、「マッピー」など全17タイトルのキャラクターで、通常の版権許諾とは異なり、キャラクター監修は行なわず、簡易的な企画審査のみでコンテンツ提供が可能となる。

バンダイナムコでは、「多くのクリエイターの皆さんの幅広い発想で、スマートフォンアプリやブラウザゲーム、新規ネットワークデバイス分野への事業展開のアイデアなど、デジタルコンテンツの領域で広く活用いただきたい」とコメントを出している。

コンテンツが提供可能なプラットホーム・企画申請方法・ビジネスモデル等の詳細は、決まり次第案内される予定。

引用元https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/695399.html

2015年に上記のゲームIPを解放していたが、ゲームで限るとあまり使用されていなかったように思えた。

しかし、今回のPAC-MAN 99はバトルロイヤルとしてパックマンを活かしたことで、ここから派生していく可能性がある。

というのも一般的に面白いと感じたものを模倣して新たな要素を付け足して世に出すことが多いので、今回がきっかけでパックマンを使った新しいゲームが増えていくかもしれない。

レトロなゲームだと思われているが、いつか最新のゲームで活躍するのも夢ではない。

以上、PAC-MAN 99の記事でした!

コメントを残す