【ドラクエ10】天地雷鳴士の扇はどれが良い?

天地雷鳴士の武器には両手杖・スティック・扇があり、
全体バイキルト・魔力覚醒効果をかけることが出来る扇を使う人が多いようだ。

では、どの扇を使えば良いかを紹介しよう。

ガルーダテンペスト

【ドラクエ10】天地雷鳴士の扇はどれが良い?

ガルーダテンペストは特技の効果範囲を1m拡大出来る武器であり、
福の神メダルの周回時にめいどうふうまを連発する際に役立つ。

風属性のダメージをアップする効果もあるが攻撃魔力が90しか上がらないため、ダメージはあまり変わらないのが決定だが、
特技の効果範囲広げることが出来るだけで価値がある武器だと言える。

ラクシュミー

【ドラクエ10】天地雷鳴士の扇はどれが良い?

ラクシュミーは全属性攻撃ダメージをアップ出来る武器だ。

アタッカー向け…かと思いきや、攻撃魔力は一切上がらず回復魔力しか上がらない扇となっている。

天地雷鳴士は攻撃魔力が高いほど特技のダメージ量が上がっていくので、おすすめ出来ない扇だ。

黒仙翼のおうぎ

【ドラクエ10】天地雷鳴士の扇はどれが良い?

黒仙翼のおうぎは攻撃魔力が上がり、土・闇属性のダメージ量を上げてくれる武器である。

盾を装備しつつ火力もそこそこ上げてくれるが、両手杖と比べるとダメージ量の差がかなりあるため
天地雷鳴士にはあまり向いていない武器だろう。

アロケルのおうぎ

【ドラクエ10】天地雷鳴士の扇はどれが良い?

アロケルのおうぎはガルーダテンペストと同じく、特技の効果範囲を広げる効果に加えて呪文発動速度も上がる武器である。

ガルーダテンペストと似ているが、呪文発動速度アップが付与されているのが非常に大きい。

天地雷鳴士はピオリム・マジックバリアを唱えることを求められやすいため、少しでも早く詠唱完了するためにアロケルの扇を装備して、サポートに徹するのもありだ。

天地雷鳴士におすすめの扇は

天地雷鳴士におすすめの武器はガルーダテンペストかアロケルのおうぎである。

ただ、アロケルのおうぎはバージョン5.4最新武器なので少々割高になってしまうので、そういう場合はガルーダテンペストでも良いだろう。

ただ、サポートが得意な武器であって攻撃はあまり得意ではないので、
余裕がある場合は両手杖に持ち替えて攻撃に転することも検討しよう。

以上、天地雷鳴士の扇についての記事でした。

このページで利用している株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像の転載・配布は禁止いたします。 (C) ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

コメントを残す