スイッチオンライン特典にニンテンドー64ソフトが来るか?

2020年12月30日にWiiUのバーチャルコンソールとして突如予定に書かれていたが、任天堂公式から誤りだと訂正された。

しかし、本当に誤りなのか?

自身はニンテンドースイッチオンラインで遊べるようになるのではないかと考えている。

何故そう考えているのかを紹介しよう。

レトロソフトは特典で遊べるようにする可能性

Nintendo Switchでオンラインサービスを使うためにはニンテンドースイッチオンラインに加入しないといけない。

しかし、それだけではユーザーの利用する理由付けが薄いため、特典でファミコン・スーパーファミコンのソフトのゲームが遊べるようになっている。

一定の利用金額を払うことで利用出来るサブスクリプションというサービスは、ガチャ課金よりも安全・安心だと思われやすいので、任天堂が目指す利益確保しつつ、無茶な課金を促さないスタンスとマッチしているのだ。

また、レトロソフトをSwitch以前のように単体で発売しても、それほど利益を産むことはないと判断しているならば、ニンテンドースイッチオンラインにニンテンドー64を入れる可能性が強いだろう。

何故この二つのソフトがラインナップした?

バンジョーとカズーイの大冒険とブラストドーザーは、
マイクロソフトのソフトであり、過去ではニンテンドー64のソフトで
レア社から発売していた歴史
がある。

今現在、マイクロソフトは任天堂と蜜月関係であり、
マイクロソフトはNintendoSwitchにソフトを販売しているが、おそらくソフトブランドの認知のために出しているのだろう。

では何故、上記レトロソフトが選ばれたのかというと、マイクロソフトはパーフェクトダークの新作を発売することを発表したからである。

全世界のゲームメディアが選ぶゲームアワード“The Game Awards 2020”が2020年12月11日に開催。同アワードにて、マイクロソフトの『パーフェクトダーク』が発表された。Xbox向けに発売されるという。

転載元
https://www.famitsu.com/news/202012/11211018.html

パーフェクトダークは元々ニンテンドー64で発売されていたソフト。

マイクロソフトは任天堂にパーフェクトダークの配信をしてもらうために、
他のレア社ソフトの提供を交渉したのではないだろうか
と考えている。

ニンテンドー64のソフト配信時の話題性としては充分なラインナップと言えよう。

いつ配信される?

2021年春の前に来そうな予感がする。

というのもゼルダの伝説35周年記念でゼルダの伝説 時のオカリナがニンテンドー64ソフトとして初配信のラインナップに並ぶ可能性が高く、配信で訂正されたソフトが配信されるのではないか?と考えている。

1月にニンテンドーダイレクトがある可能性があるので、続報を待ってみよう。

コメントを残す