2021年3月期 第2四半期 決算説明会で気になった点

決算発表資料を読んで、個人的に気になったところをピックアップしながら解説!

決算資料https://www.nintendo.co.jp/ir/events/index.html

あつ森でSwitchを購入したユーザー

2021年3月期 第2四半期 決算説明会で気になった点

あつ森目当てで購入したユーザーが多く存在しているとわかるデータだ。

任天堂は、あつ森に集まったユーザーが次にどのソフトを買うのかを注視しているだろう。

というのも、あつ森目当てのユーザー=カジュアル層なので任天堂ソフトを求める人が多いのだ。

なので、あつ森発売は一つの通過点であり、任天堂は次の段階へ駒を進めるだろう。

スマブラSPは前年度より売上が鈍化

2021年3月期 第2四半期 決算説明会で気になった点

スマブラSPは前年比91%となっており、前年度より鈍化しているのが明白である。

しかも、2019年3月以前発売のソフトと比較するとわかるが、他の任天堂ソフトは前年度より売上が上がっているのだ。

これは、あつ森ユーザーが次のソフトを購入したためだろう。

では、なぜスマブラSPは選ばれなかったのかというと、カジュアル層が好むキャラクターが宣伝されていないからだと考えている。

というのも発売以来、ジョーカー、勇者、バンジョー&カズーイ、テリー・ボガードなど、カジュアル層には面識が無いキャラクターが登場しているため、カジュアル層から見て魅力的に見えなかったのだろう。

また、近年の傾向的に主役のキャラクターより、主役に絡むキャラクターの方が人気になることが多いため、主役にこだわり続けるスマブラと相性が悪いのかもしれない。

※わかりやすい例で言うと、ドラクエシリーズは主人公より、ビアンカやハッサンやマリベルといった仲間キャラクターの方が人気が高い

カービィファイターズ2が予想以上に好調

2021年3月期 第2四半期 決算説明会で気になった点

カービィファイターズ2はスマブラと似てるからそんなに売れないと言っている人も見かけたが、予想に反して好調である。

売れた要因はマホロアの存在である。

2021年3月期 第2四半期 決算説明会で気になった点

これは配信直後のTwitterトレンドだが、マホロアに反応する人が国内外で多く見られた。

そのため、メイン層以外もこのソフトを衝動買いした人が多いと考えている。

買えなくはない値段かつ、星のカービィWiiのラスボスが使えるというインパクトが公式の想像以上あったのだろう。

これからのカービィシリーズの動向が気になるところだ。

以上、2021年3月期 第2四半期 決算説明会で気になった点でした!

コメントを残す