【予想】星のカービィWiiのリメイクが発売される?

来年で、星のカービィWiiが10周年を迎える。

星のカービィWiiとは

星のカービィシリーズ第20作目にあたる作品。Wii用作品としては『毛糸のカービィ』に続いて2作目。本編作品の据え置き機用ゲームとしては『星のカービィ64』以来11年ぶりである。第一報は2011年1月28日の決算発表で発表された。

今作は『星のカービィ 鏡の大迷宮』以来である本編での4人同時プレイが復活しており、2P ,4Pはデデデ大王・ワドルディ・メタナイト、または色違いのカービィを操作することができる。なお、今まで色違いのカービィは黄・赤・緑であったのに対し、今作では黄・青・緑となっている。なお、デデデ大王・ワドルディ・メタナイトは、2P-4Pを色々選べられるが、色違いのカービィは、黄は2P、青は3P、緑は4Pとなっている。

同じ年にカービィの作品を2作発売するのは、2000年以来約11年振り5度目であり、据え置き機で複数のシリーズを発売するのもスーパーファミコン時代以来である。

2015年1月28日より、Wii Uのニンテンドーeショップでダウンロード版の販売が開始された。

星のカービィシリーズのリメイク作品

現在、星のカービィシリーズでリメイクされた作品は、星のカービィ夢の泉物語と星のカービィスーパーデラックスである。

夢の泉デラックス

星のカービィ 夢の泉デラックス』(ほしのカービィ ゆめのいずみデラックス)は2002年10月25日にゲームボーイアドバンス用ソフトとして任天堂より発売されたアクションゲーム。開発元はHAL研究所。『星のカービィ』の第7作目。

夢の泉物語が発売した日は1993年3月23日で、約9年後にリメイクされている。

ゼネラルディレクターは桜井政博。ディレクターは下村真一。

ウルトラスーパーデラックス

星のカービィ ウルトラスーパーデラックス』(ほしのカービィ ウルトラスーパーデラックス)は、2008年11月6日に任天堂より発売されたニンテンドーDS用アクションゲーム。『星のカービィ』の第17作目。

スーパーデラックスが発売した日は1996年3月21日で、約12年後にリメイクされている。

ディレクターは熊崎信也。ゼネラルディレクターは存在しない。

上記の2作は評価が高く、今でも語られるぐらいにファンも多い。

カービィシリーズを新しいディレクターに引き継ぐ際に発売?

先ほど説明したリメイク作品の共通点は、約10年後にリメイクされてディレクターはいつもの人と異なるところが共通している。

おそらく、ハル研究所のリメイク作品を発売する目安が共通点と関係あるのだろう。

また、現在3Dカービィを開発をしているため、現ディレクター兼ゼネラルディレクターはそっちに集中し、新しいディレクターに2Dカービィを任せる可能性も高い。

そのデビュー作が星のカービィWiiリメイクというわけである。

【予想】星のカービィWiiのリメイクが発売される?

余談

上記は、スーパーカービィハンターズの公式ツイートである。

まぁ、スーパーカービィハンターズは装備を絡ませるツイートが基本的で、こういったツイートをすることは違和感が無い。

ちなみに、彼は星のカービィWiiで初登場したキャラクターなので、来年で10歳である。

以上、星のカービィWiiのリメイクは発売するのか予想をしてみました。

現時点での発売する可能性は、非常に高いので待ち遠しいですね!

コメントを残す