任天堂の2022年3月期 決算説明会で気になった点

任天堂の2022年3月期 決算説明会で気になった点を紹介!


引用元
https://www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2022/220510_7.pdf

年間プレイヤーユーザーが1億突破

任天堂の2022年3月期 決算説明会で気になった点

世界のセルスルーは控えめに見えるが、年間プレイユーザーは1億人突破している。

スマートフォン・PCが台頭している中、ゲーム専用機がここまで普及することは非常にすごい。

ここまで普及していると次世代機を出すとしても引き継げるようにすると思われる。

カービィファイターズ2がずっと売れている

任天堂の2022年3月期 決算説明会で気になった点

カービィファイターズ2がロングセールスを達成中!

ここまで売れているならばアップデートか続編を出すのか気になるところだ。

また、スマブラに似たゲームシステムでキャラクターの性能差が激しいゲームバランスのおかげか、SNSや配信サイトでも定期的に遊ぶ姿が見られる。

このままロングセールスが続けば、こういう対戦ゲームが求められていることを任天堂も把握して、より開発ラインを強化してくれるかもしれない。

3Dアクションゲームに初チャレンジをした二作品は好調

任天堂の2022年3月期 決算説明会で気になった点

ポケモンレジェンズアルセウスと星のカービィディスカバリーは想定以上の好調で、まだまだ伸びているようだ。

特に星のカービィシリーズはずっと前のクリエイターの影がチラついていたのだが、本作でその影を断ち切る勢いで成長していっているため、次回作も非常に期待だ。

また、ポケモンシリーズも、今年にポケットモンスタースカーレット・バイオレットが発売する予定で、オープンワールドのゲームシステムとなっている。

今後もポケモン・カービィシリーズは進化をしていくのだろう。

以上、決算報告で気になった点でした。

コメントを残す