Eスポーツ化が進むゲームの良い点・悪い点

近年、ゲームがスポーツと同じく競技性を持つようになってきている。

ゲームが好きな人達からは、ゲーム自体のイメージアップに繋がることもあってか、推進をしてほしい声も多く、需要は高まっていると言える。

個人的な意見だが、Eスポーツは素晴らしい競技だと考えている。しかし、同時に不安もある。

なぜ不安なのかは、下記にまとめたのでぜひ読んで欲しい。

 

 

定番の人気シリーズがEスポーツ化

ぷよぷよEスポーツ、鉄拳7、ストリートファイター5など、もともと対戦で盛り上がっていたシリーズや

モンスト、パズドラなどの対戦要素が薄かったゲームもEスポーツとして参入している。

任天堂は、Eスポーツには参入してないが、スマブラSP、ポッ拳、スプラトゥーン2の大会を開いている。

また、賞金を出している企業もあり、ガンホー・エンタテイメントでは

Eスポーツ化が進むゲームの良い点・悪い点

なんと、総額300万を用意したのである。

賞金を出すことにより、ゲームをプレイするユーザーが増えるため、今では賞金を出す企業も増えているようだ。

また、Eスポーツのおかげで過去に人気だったゲームの最新作が発売されたりと、Eスポーツの影響が大きいと実感出来る。

 

テレビ番組でゲームの話題が取り上げられるように

https://www.mbs.jp/p/yubiwaza/
https://www.tv-tokyo.co.jp/ariyoshieeeee/smp/

テレビでも、Eスポーツを題材にした番組が増えているようだ。

そのため、芸能人がゲームで遊んでいることを話す機会が増えているので、「ゲームは大人になったら卒業…」という理論はもう古い。

このようにEスポーツのおかげで、ゲームのイメージアップがうまくいっているのは明白だ。

しかし、悪い影響もある。

 

 

競技性を重視したゲームが増加

ここからは、Eスポーツを意識したゲームの悪い影響をお伝えする。

ぷよぷよEスポーツは、名前の通りEスポーツ特化仕様になっていて、キャラクターボイスが大幅に削られている。

スプラトゥーン2は、塗れない足場が大幅に増えてしまい、前作より敷居が上がった。

鉄拳7は、ネタ衣装やネタマップが無くなり、ストイックな雰囲気に統一された。

このように競技性を高める。または、動画配信映えのためにストイックな演出する方向に進むゲームが多い。

競技性を高めた結果、作品の個性とも言える部分が無くなることは本末転倒である。

 

Eスポーツは悪くない

競技として競い合うことも遊び方としてはアリだ。

しかし、競技に興味が無い人も存在することを忘れないでほしい。

色んな遊び方があるからこそゲームは面白い。

Eスポーツもこれからもっと盛り上がれるように頑張って欲しいと願う。

Eスポーツ化が進むゲームの良い点・悪い点

みんなが知りたかった 最新eスポーツの教科書【電子書籍】[ 岡安学 ]

価格:1,584円
(2020/5/11 23:56時点)
感想(0件)

Eスポーツ化が進むゲームの良い点・悪い点

Eスポーツ化が進むゲームの良い点・悪い点

eスポーツのすべてがわかる本プロゲーマー、業界のしくみからお金の話まで【電子書籍】[ 黒川文雄 ]

価格:1,760円
(2020/5/11 23:57時点)
感想(0件)

Eスポーツ化が進むゲームの良い点・悪い点

Eスポーツ化が進むゲームの良い点・悪い点

【新品】エレコム(ELECOM) MP-G02BK ゲーミングマウスパッド [460mm×297mm/ブラック] (MPG02BK) [ゲーミングマウスパッド ゲーミング eスポーツ]

価格:940円
(2020/5/11 23:57時点)
感想(0件)

Eスポーツ化が進むゲームの良い点・悪い点

コメントを残す